薄利多売の薄利を中利にする?!

015

ネットで稼ぐ場合は、基本 薄利多売で 稼ぐ方法になることが多いんです。

しかし 薄利多売でも 1個で1円 稼げるのと 1個で10円稼げるのとでは 大きな違いが出てきます。

一攫千金を狙うのは、ちょっと難しいですが、中利多売(造語です)を目指す方法を考えた方が 稼げる可能性が増えると思います。

 

ネットショップなら ある程度の価格の商品を販売した方が もし購入率が低くても 稼げる金額は増える事が多いですし メール対応や配送などの手間暇を考えると 確実に商品単価が ある程度の商品を販売した方が良いと思います。

1個売って 100円の利益の物も 1個売って 1万円の利益の物も対応や配送などの手間暇は あまり変わらないからですね。

全然 売れない物では 全然 稼げませんが そこそこ売れる物であれば 商品単価が ある程度の商品を販売した方が良いと思います。

 

アフィリエイトで稼ぐにも 稼げる広告を掲載できるサイトの方が 同じだけ集客できても 稼げる金額が変わります。

成約が100円の広告より 成約が1000円の広告の方が 同じ成約率なら 10倍稼げますよね。

成約型のアフィリエイト広告は、ASPなどによって成約単価が違ったり、同じようなサービスでも 企業によって 成約単価が違う場合もありますので、そのへんを 少し気にするだけで 稼げる可能性が上がりますね。

クリック報酬のGoogle AdSenseでも クリック単価は キーワードによって 大きく違います。1クリック数百円などのキーワードの広告もあるんです。

折角 集客して稼ぐ為に サイトを作るなら ある程度 広告単価の高いキーワードのサイトを作った方が 稼げる可能性が高くなる事もあるんです。

しかし 広告単価の高いキーワードのサイトは、競争もそれだけ厳しいので 一概に 広告単価の高いキーワードでサイトを作った方が良いとも言えないんですね。

 

他にも ネットで稼ぐ為に ポイントサイト・アンケート・オークションなど 同じような事をするにしても サイトなどによって 少しずつ単価が違うって事もありますので、単価が少しでも 高いサイトなどを調べてした方が良いと思います。

1円が2円になるのは ほとんど変わらないと思っていても 1円が100万円になった時には、2円が200万円になるんです。

塵も積もれば山となるんです。

少しの違いが 積み重なることで 大きな違いになるんですよ。

最初の稼げない時には、あまり違いが無いように思えますが、薄利多売を中利多売に考えておく事で 大きな違いを生み そして 未来が大きく変わる事もあるんです。

薄利を大利にしようとすれば 失敗も大きくなりますが、薄利を中利にする程度であれば 失敗もそんなに大きくならないと思いますので 大利の前に 薄利を中利にする事を考えましょうって事も付け加えておきます。

カテゴリー: ネットを利用して稼ぐ, 稼ぐ為にふと思い付いた事 パーマリンク